2010年11月05日

Stay Around A Little Longer

610-Jv0VjdL.jpgBuddy Guyの新作をアナログで買いました。
B.B.Kingと共演した"Stay Around A Little Longer"が本当に物凄く良いのです。
最近のBuddyはあんまり好きではなかったのですが、このバラードではギターが素晴らしく歌っています。B.B.の暖かい音色も、いつも通りの感じですが良い。
そしてなにより85歳のB.B.、74歳のBuddyが"I thank the Lord for letting me stay around a little longer, Lord knows I love the life I live"と笑顔で歌っている時点で、溢れる涙をもって降参せざるをえません。
アウトロで聴ける二人の仲の良いやりとりも、ニヤリとしつつジーンときます。
BuddyのHPトップでフル試聴出来るので是非聴いてみて下さい。あらゆるジャンルを含めても間違い無く今年のベストトラックです。この達観した歌や音色はこの二人でなければ出来ないだろうなあ。
7インチか12インチの45回転でシングルカットしないかな…。


今月は、10月とうって変わって余裕のあるスケジュールです笑。


11/20(土) セッションホスト@池袋Jazz Inn L-5
Start/19:00
Charge/¥2,900
w/中村忠(Gt)、TBA(Ba)、鳥越弾(Dr)
※毎月恒例のL-5セッションです。歌の方も楽器の方も聴くだけの方も大歓迎!


あと大分先ですが、12月の10日(金)、11日(土)と西麻布の老舗バーGeorge'sでソウルバンドAbraham Soul Trainが2Daysライブを行うことになりました。
楽しいイベントになりそうですのでお越し下さい!
posted by afroblues at 00:32| Comment(2) | TrackBack(0) | Live | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月30日

You Don't Know What Love Is

IMG_3001.jpg週末大阪に行く用事があったので、かねてから行きたいと思っていたガロートコーヒーという喫茶店に行って来ました。


一時期Washington PhillipsのSP盤を無謀にも探していた時期があり、ネットで調べていたところ此処で本物が聴けるという記事を読み、生まれて初めて大阪の昭和町へ。
急に伺ったので現物は拝めなかったのですが、こちらが何も言わずとも徐にBlind Willie Johnsonの"Dark Was The Night"を聴かせてくれました。
CDで聴いても充分過ぎる凄い演奏ですが、SPで聴いたDark Was The Nightは全く別物かと思う程音がリアルで、スライドやモーンの繊細な部分がクリアに聴こえてきて、思わず店内で正座しそうになってしまった。
他にもOtis RushやMagic Samのコブラ録音、マディのチェス盤、Son Houseの40年代録音等を素晴らしい状態のSP盤で聴かせていただきながら、色々な話を伺ってきました。しかし驚くを通り越して呆れてしまうくらい凄い人っているもんだなあ…。機会があればまた伺って、今度こそWashington PhillipsとRobert Johnsonのオリジナルが聴いてみたいものです。
ちなみにHenry Thomasも聴きたかったのですが、残念ながら盤が高すぎてなかなか手に入らないそうです。


明日は昼夜とライブです。少し忙しくなりそうですが、台風も昼までにはおさまりそうなのでなにより。
お時間あれば是非お越し下さい。

10/31(日)昼 waits@下北沢440
Start/13:00(出順は3バンド目、14:25〜)
Charge/¥3,000
Member/山口幸孝(Vln),下田理(Gt),吉川知宏(Dr),鳥越弾(Key)
※アイリッシュコンピ"Tokyo Irish Generation"レコ発イベントです。ゲストでビューティフルハミングバードも出演します。

10/31(日)夜 ダニースミス・プロジェクト@下北沢Mona Records
Start/18:30(出順は4バンド目、21:00〜)
Charge/¥2,000
Member/棚瀬あずさ(Vln,Cho),高山英正(Gt,Cho),梶野洸(Bjo),川原一真(Wb),鳥越弾(Pf,Vo)
※新しいサポートメンバーを迎えてトラッドも用意し、久々にダニースミスなりのアメリカーナな世界を存分にお届けします!対バンの方も素晴らしいですよ。
posted by afroblues at 22:31| Comment(2) | TrackBack(0) | Live | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月23日

Mirror

hmv_3878335.jpgHMVからCharles Lloydの新作がやっと届いた。
前作のライブ盤とは少し印象が違う。The Water Is Wideのコンセプトに近いのかな。
Scott Colleyの新作もイメージと少し違った。がどちらも大変良い。
ジェフワッツ行かずにこっちを買って正解だった。


明日は代々木アースガーデンのイベントスペースで昼から演奏しますよーお時間あれば是非お越し下さい。


10/24(日) waits@代々木アースガーデン
Start/12:00
Charge/FREE!!
Member/山口幸孝(Vln),下田理(Gt),吉川知宏(Dr),鳥越弾(Key)
※昔やっていたアイリッシュバンドに違う楽器で出戻りすることになりました笑。代々木公園で行われるイベントでの演奏です。
posted by afroblues at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | Live | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月02日

Father Along

f03375zhy8t.jpg右はSoul StirrersのChecker盤。1970年代の録音で、バックが少しSTAXぽい雰囲気なので聴き易いですよ。
Father Alongがとても良かった!


今月のライブは今のところ6本です。

10/2(土) Eddie Landsberg 4@新宿Golden Egg
Start/14:00(出番は16:00〜)
Charge/¥1,000
Member/Eddie Landsberg(Org),牛尾隆志(Ts),山本恭平(Gt),鳥越弾(Dr)
※先月に引き続きEddie先生のカルテットです。今月もThe JokerやThe Cat等ファンキーナンバーを揃えてお待ちしております。

10/16(土) セッションホスト@池袋Jazz Inn L-5
Start/19:00
Charge/¥2,900
Member/中村忠(Gt),TBA(Ba),鳥越弾(Dr)
※毎月恒例L-5でのセッション。演奏される方、歌う方、聴くだけの方、皆様大歓迎です。

10/24(日) waits@代々木アースガーデン
Start/昼頃
Charge/FREE!!
Member/山口幸孝(Vln),下田理(Gt),吉川知宏(Dr),鳥越弾(Key)
※昔やっていたアイリッシュバンドに違う楽器で出戻りすることになりました笑。代々木公園で行われるイベントでの演奏です。

10/25(月) ダニースミス・プロジェクト@渋谷Glad
Start/19:00
Charge/¥2,000
Member/鳥越弾(Pf,Autoharp,Vo)
※先月に引き続き、色々な意味で私の修行であるダニースミスのソロです。今回も新曲、トラッドを用意してお待ちしております。オートハープという珍しい楽器も使いますよ。

10/31(日)昼 waits@下北沢440
Start/13:00
Charge/¥3,000
Member/山口幸孝(Vln),下田理(Gt),吉川知宏(Dr),鳥越弾(Key)
※アイリッシュコンピ"Tokyo Irish Generation"レコ発イベントです。ゲストでビューティフルハミングバードも出演します。

10/31(日)夜 ダニースミス・プロジェクト@下北沢Mona Records
Start/19:00
Charge/¥2,300
Member/棚瀬あずさ(Vln,Cho),高山英正(Gt,Cho),梶野洸(Bjo),川原一真(Wb),鳥越弾(Pf,Vo)
※やっとダニースミスのバンドセットが出来る…。新しいサポートメンバーを迎えて新曲も用意し、久々にダニースミスなりのアメリカーナな世界を存分にお届けします!対バンの方も素晴らしいですよ。


今年に入って後厄も落ち安心していたら最近また良くない事が続くので、今月から改めて気を引き締め頑張ろうと思います。
posted by afroblues at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | Live | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月23日

This Is It

af_am_fm.jpg右は今月の1枚。といっても今月に発売されたわけではなく、単純に私が今月よく聴いた1枚です。ラウンダーからリイシューされているアメリカ国会図書館録音。
録音は新しい(といっても40年前)しアーティストは無名の人達ばかりですが、アメリカーナのルーツ中のルーツであるファイフバンドスタイルの楽曲から聴き慣れたボトルネックのブルース、One String Samを彷彿とさせる自家製1弦ギターの演奏迄バランス良く配置されていて、分厚いライナーと共にアメリカ音楽の奥深さを痛感させられる魅力的な1枚です。
もっと勉強しないとなあ…。


先週末から四国をブラブラして火曜に帰ってきたのですが、明日からまた暫く東京を離れます。
posted by afroblues at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | Live | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月07日

Georgia On My Mind

画像 034.jpg先週末のダニースミス・プロジェクトとEddie Landsberg 4のライブも無事終わりました。
来て下さった方々ありがとうございます。
ダニースミスでは新曲やトラッドをいつもより多めに、Eddieバンドでは昔と変わらずRock CandyやAlligator Boogaloo等ファンキーナンバーをおおくりしました。


今週末は西麻布にある日本最古のソウルバーで、当時の名曲、スタンダードをお届けします。
お店が物凄く良い雰囲気ですし、チャージもなんと無料ですので、ぜひぜひ!

9/11(土) Abraham Soul Train@西麻布George's
Start/20:00(3ステージ予定)
Charge/FREE!!!!
Member/名村徹真(Vo)、阿部亨(Key)、渡辺史(Gt)、高岡淳二(Ba)、鳥越弾(Dr)


ちなみに写真は前回(6月5日)の模様です。ちょっと暗いですが。
なかなか楽しそうでしょ笑。
posted by afroblues at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | Live | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月02日

Fly With The Wind

hqdefault.jpg気が付けば8月も終わり、Chris Dave見逃してしまった…。
やたらとあちこちへ飛び回っていた月でした。


9月のライブは今のところ3本です。


9/3(金) ダニースミス・プロジェクト三軒茶屋Grapefruit Moon
Start/19:00(出番は21:30〜)
Charge/¥1,900
Member/鳥越弾(Pf, Autoharp, Vo)
※ダニースミス1年以上振りのソロライブです。アメリカのトラッドや新曲をたくさん用意してお待ちしております。CDからも何曲かやりますよ。


9/4(土) Eddie Landsberg 4@歌舞伎町Golden Egg
Start/13:30(出番は14:00〜)
Charge/¥1,000
Member/Eddie Landsberg(Org)、牛尾隆志(Ts)、ショウノタカシ(Gt)、鳥越弾(Dr)
※こちらも久々、実に数年振りにEddieと共演します。スタンダードから、Jack McDuffやLou Donaldsonのナンバーまでお届けしますよ。昼からですが楽しみです。


9/11(土) Abraham Soul Train@西麻布George's
Start/20:00(3セット予定)
Charge/FREE!!!!
Member/名村徹真(Vo)、阿部亨(Key)、渡辺史(Gt)、高岡淳二(Ba)、鳥越弾(Dr)
※6月に引き続き日本最古のソウルバーでの演奏です。Ray CharlesやJames Brownなど名だたる大御所が来日の度に訪れた名店で、雰囲気も最高ですよ。


まずは明日のダニースミスへぜひぜひ!
posted by afroblues at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | Live | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月18日

Question And Answer

roy_haynes_2.jpgブルーノートでRoy Haynes大先生を見てきました。
正直よく分からない部分もあったのですが、大きな固まりを常に捉えて曲を動かしていく様はやはり凄かったです。
Question And Answerがとても良かった。


今週末は珍しく3日連続でライブやってますので、お時間あればぜひお越し下さい。
posted by afroblues at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | Live | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月10日

Hidden Place

iwakuni.jpg先週末から、都心から遠く離れた某所で隠遁生活を送っていますが、会っている人は東京にいる時と全く変わっていないという不思議な状況なのです。
ある方とは花火大会を見物し、またある方とは鵜飼船に乗り込み、そしてまたある方とは明日から直島へ行って来ます。
気付けば全く隠遁していない…。


そんなこんなで右のスケジュールを少し更新しましたので、よければご覧下さい。
posted by afroblues at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | Live | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月15日

Map Or Direction

202.jpgいつも世話になっている渡邊恭一氏から情報を得て、英国フォークの新星John Smithのライブに行って来ました。
フォークの大御所のライブはこれまで幾つか見ましたが、これ程若い世代(27歳だそうです)のライブを見るのは初めてなのです。


少し前だとKelly Joe Phelps、最近だとJeff Lang等オーストラリア系のアーティストのようなオーガニックっぽい系統ですが、ギターのフレージングや歌のメロディにしばしば英国フォークの匂いが感じられて、とても面白かった。"Willie Moore"やAnne Briggsの"The Time Has Come"といった英国フォークのトラッド、スタンダードも演奏していて、それがとても誠実且つ自身の中でちゃんと消化している感じでジンときました。
今回はプロモーション用の来日で、明日早々とイングランドへ向けて発つそうです。


彼のオリジナルも勿論良かったのですが、彼が歌うトラッドがとりわけ素晴らしかったことについて色々と考えながら帰路につきました。
トラッドと「歌い継ぐという行為」は当然ながら密接な関係を持っていますが、彼はそこを意識的にか無意識的にか、かなり強く自覚しているように思います。先人の偉大な音源になるべく縛られること無く自分なりに、というよりは彼らの世代なりにトラッドを「歌い継いで」いたなあと感じました。
20世紀初頭以降のフィールドレコーディングにより様々なトラッドが音源として固定されたことで、約100年後を生きている我々でも手軽に当時の演奏が楽しめるのは勿論ありがたいし素晴らしいことですが、こういった音源に縛られ過ぎて100年前のイメージのまま歌ったり演奏したり曲を作ったりという事態が少なからず起こってしまうという弊害(?)も生まれてきている気がします。100年前の演奏音源は当時という時間、場所で当時のミュージシャンが正に歌い、演奏していたものをそのまま録音しているので聴いていて感動もしますが、それを現代という時間、場所で現代を生きる人間が演奏しても何のリアリティも無いのでどこかしら嘘っぽかったり時代遅れに聴こえたりするのかなあと。
フォーク、ブルース、ゴスペル辺りのジャンルに何となくきな臭い懐メロみたいな印象を持たれているのは、現代にそういう演奏者が多いからかな、と思います。まあ日本ではこれらのトラッドは元々歌い継がれていなかったわけなので、こういった話が有益かどうか甚だ疑わしいのですが。


ダラダラと頭悪い感じで書いてしまいましたが、要は長年歌い継がれてきたトラッドはあらゆる世代を納得させるメロディを持っているはずで、時代に即してそれを演奏すれば必ずリアリティを伴って響くから決して古臭い音楽なんかではないよ、時には物凄くモダンに響くよ、だから皆さん一緒にもっとトラッドを聴きましょう、とJohn Smithを聴きながら思った、という話でした。
posted by afroblues at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | Live | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月08日

Listen To The Music

IMG_4210.JPGダニースミス・プロジェクトのレコ発ワンマンはなんとか無事終了しました。来て下さった方々、少しでも気に留めて下さった方々、お店のスタッフの方々、ゲストミュージシャンの皆様、ありがとうございました。当日の様子はダニースミスのブログにアップしてあるので、是非ご覧下さい。
CDは現在ダニースミスHPモナレコードHP、店頭で販売中です。またタワーレコードアマゾン等では予約受付中ですので、そちらもご覧下さい!


正直演奏はかなり粗があったので更に精進せねばと反省したのですが、イベント自体は良いものになったのではないかと思います。好きなことを真摯にやっていれば、ひょっとするとそれなりに上手くいくものなのかもしれないなとふと思った梅雨の晩でした。
もちろんそれはほぼ全て周りの素晴らしい方々のお陰なのですが…。


余談ですがここ2ヶ月はレコーディングやら何やらで、自分達の曲ばかり嫌でも聴かざるをえなかったのです。
たまにレコードを買いに行ったりしても"録音やライブの役に立つか立たないか"を基準に選んだりしていたので、買い物も聴く時間も随分窮屈なものでした。お金の節約にはなりましたが。
暫くは久々に何も気にせず色々と探したり聴いたりしようと思います。
posted by afroblues at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | Live | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

When You Lead

IMG_2046.jpg先週土曜はAbraham Soul Trainというバンドのライブでした。
お店が西麻布のGeorge'sという老舗ソウルバーで、普段はジュークボックスから流れる往年の名曲を楽しみながらお酒を飲むといった雰囲気ですが、今回お店の方に無理を聞いていただき店内で演奏させてもらったのです。
告知等もあまり出来なかったのですが多くのお客さんに来ていただきました。ありがとうございます!メンバーも学生時代の先輩だったり同輩だったりで、久々にゲラゲラ笑いながら演奏出来ました。


ちなみにライブはこんな感じでした↓。暗くて少し分かりづらいですが、店の雰囲気がとにかく良いのです。
次回はまだ未定ですが、時間あれば是非お越し下さい!

1stセット→http://www.ustream.tv/recorded/7460724

2ndセット→http://www.ustream.tv/recorded/7461938


上のバンドなんかだと先輩がバンマスなのですが、僕みたいなくそ生意気な後輩がメンバーにいたらさぞかしやりづらいだろうなあと思いながらお世話になっています。
いい加減改心せねば…。
posted by afroblues at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | Live | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月07日

Dancing In The Dark

IMG_4085.JPGダニースミス・プロジェクトのライブ無事終了しました。来て下さった方々、少しでも気に留めて下さった方々、どうもありがとうございました。
我々の無理なお願いを快く受けてくれ、客入れ時とステージ転換時にサブステージで演奏をしてくれた渡邊恭一とザ・スインガーズには特に感謝しています。空間的制約や時間的制約があれ程厳しい状況の中であれ程客席を和ませ、楽しませ、じわりとさせる演奏が出来るとは只々素晴らしいの一言です。本当にありがとうございました。
ダニースミスの演奏も少しはお客さんに楽しんでいただけたのであれば幸いです。


(Set List)
1. One Summer Night
2. Dark Was The Sun
3. ブランチ
4. When The Saint's Left Alone
5. Western Kiss (Featuring Kyoichi Watanabe)
6. Down By The Sea
7. ワンルーム・シネマ


1曲だけゲストミュージシャンとして参加してくれた渡邊恭一のクラリネットが非常に格好良かったです。ライブの音源は全てMySpaceで試聴出来ますので、是非聴いてみて下さい。
ちなみに上の写真は自転車好きの友人が撮ってくれました。
ちなみに7月には初アルバムの発売も予定していますので、よろしくお願いします!


このバンドはよくお洒落とか上品とか言われるのですが、例えばパンクなんかの方がずっと上品で、所謂良い音楽だと自分では思っています。
Chaeley Pattonを初めて聴いた時に感じた、暗闇の中で何かがドロドロと踊っている様な感覚をいつかお客さんにも伝えられるよう頑張ろうと改めて思った一日でした。
posted by afroblues at 21:19| Comment(2) | TrackBack(0) | Live | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月14日

Got Live I You Want It

201002112159000.jpgここ最近はよくライブを見に行っていてなかなか良い傾向だなと思います。今月頭にはJohn Abercrombieのトリオを見に行き、今週も2つ3つイベントに顔を出してみました。
優劣にかかわらず人のイベントを色々見ると自分のことも客観視出来て非常に助かるので、伴うものが尽きない限り怠けず見て回らねばならんなと思います。
今月は早くも底をつきました。


ちなみにアバクロのトリオはWhere Are Youのバラードがめちゃくちゃキレイでジーンときました。
ご当人はかなりへべれけでしたが…。
posted by afroblues at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | Live | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月09日

Hear Me When I Pray

IMG_1305.jpg2月7日はダニースミス久々のライブ。来て下さった方々、気に留めて下さった方々、どうもありがとうございました。
個人的には1バンド目の方のいかにも60sな気概と3バンド目の方のMr. Sandmanをカバーする心意気に心打たれた一日でした。
演奏するにあたりああいう心持は手放すと終わりだなとつくづく感じます。


(Set List)
1. Sherry Cake
2. When The Saint's Left Alone
3. Good Robin
4. Dark Was The Sun
5. ワンルーム・シネマ
6. Down By The Sea


新旧織り交ぜたセットリストにしてみましたが、いかがでしたでしょうか。
録音は全曲MySpaceページで試聴が可能ですので、是非ご覧下さい。
また、ホームページ内でも一部無料ダウンロードを行う予定ですので、そちらもぜひ。


次回のライブは3月28日(日)@代官山LOOPです!
posted by afroblues at 01:53| Comment(0) | TrackBack(0) | Live | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月31日

See See Rider

40213325.jpg先日品川で行われていたとあるイベントに行き、The Flamingosを見て来ました。


Doo Wapを生で聴くのは子供の時に地元で聴いたプラターズ以来でしたが、好きなジャンルなのでリラックスして楽しめました。完全に打ち込みのバックには興ざめでしたが…。
入る箇所がいかにもなコーラスや、独特のダサい振付が時代を感じさせてとても良かったです。

The Flamingosの前にはMitty Collierが出て来て、Johnny Rawlsバンドを従えゴスペルを歌ったのですが、これが非常に良くて聴きながら号泣してしまいました。
声はあまり出ていなかったのですが、そんなことはお構いなしに叫びまくる彼女は現在シカゴに自分の教会を持っているそうなので、シカゴに行く機会があれば是非立ち寄ってみたいものです。
信者でもないのに果たして入ってよいのか疑問ですが…。


最近あまり金が無いのでライブは行ってなかったのですが、やはり色々観ねばならんなとしみじみ痛感しながら帰路に着きました。
posted by afroblues at 02:09| Comment(0) | TrackBack(0) | Live | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月08日

It's All Too Much

IMG_1119.jpg12月6日はダニースミス・プロジェクト今年最後のライブでした。来て下さった方々、気に留めて下さった方々、ありがとうございます。
今回は久々にトラッドを織り交ぜつつのセットになりました。アメリカ古典音楽独特の、澄んだ様なくすんだ様な雰囲気も、少しはお伝え出来たかなと思います。力み過ぎたきらいもありますが…。
この雰囲気を全面に押し出せるよう更に精進します!

(Set List)

1. Billy The Stroller
2. Dark Was The Sun
3. Shenandoah (Traditional)
4. Western Kiss
5. The Instant Musical
6. Down By The Sea

Shenandoah以外のライブ音源はMySpaceで試聴出来ますよ。
また、2,3,4曲目の音源はホームページ内で無料ダウンロードが可能ですので、そちらも是非ご覧下さい。


そして次回のダニースミスは2010年2月7日(日)に下北沢Mona Recordsで演奏しますので、お時間あれば是非お越し下さい!
posted by afroblues at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | Live | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月26日

Big Iron

IMG_3892.JPG先週末はダニースミス・プロジェクト久々のライブ。
来て下さった方々、少しでも気に留めて下さった方々、どうもありがとうございました!今回はアイリッシュやゴスペル等、従来と若干違う雰囲気も取り入れてみましたが、いかがだったでしょうか。
出演者の中でHarry Smithを知っている方と話を出来たのが個人的にはこの日のハイライトでした笑。


(Set List)
1. ブランチ
2. Western Kiss
3. Billy The Stroller
4. When The Saint's Left Alone
5. The Instant Musical
6. Down By The Sea


ライブの録音はMySpaceにアップしてありますので、是非ご覧下さい。録音の無料配布も行ってますよ。
そして次回のライブは12月6日(日)@代官山LOOPですので、こちらもぜひぜひ!


Marty RobbinsのBig Ironがやけに染みる雨の一日でした。
posted by afroblues at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | Live | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月19日

Joy To The World

IMG_0922.jpg先週末は毎月恒例のL-5セッションでした。
珍しく楽器陣の方が多くいらっしゃるなど盛況で楽しいひと時。


時折高校生のドラムの子が来るのですが、見る度に物凄い早さで上達していて、毎回感心させられます。
楽しそうに叩いている様がまた見ていて気持ち良い。
自分がほぼ忘れかけている、演奏中のあの感じをずっと忘れずに成長していってほしいものです。


次回は11月21日(土)です。
店内も落ち着いていて良い雰囲気なので、まだいらしたことのない方は是非お越し下さい!
posted by afroblues at 22:51| Comment(3) | TrackBack(0) | Live | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月26日

In The Wee Small Hours

IMG_0626.jpg先週土曜は毎月恒例池袋L-5でのセッション。
今回も常連さん、一見さんがたくさんのお運びで楽しい夜となりました。

毎度ボーカルの方が多いセッションなので、歌について色々と考えさせられます。
特に訥々と素直に歌うお客さんの音符の中には何故か胸に迫るものが無限に詰まっていて、これが音楽なのかただの感傷なのかよく分からなくなることがしばしばなのです。
常連の女の子が毎回歌う"In The Wee Small Hours"を聴く度にそんなことを思います。


来月は19日ですのでぜひぜひ!
posted by afroblues at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | Live | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。