2014年06月23日

Man Of Constant Sorrow

P6158079.jpg
Huck Finn Jubileeで念願のRalph Stanleyを見た。御年87歳だそうで、西海岸への遠征はさすがにしんどそうだったが、細身のスーツでキメて終始立ちっぱなしなのが格好良かった。

P6158087.jpg
観客はじいさんばあさんばかりだろうと思っていたが、若い人も大勢いてはしゃいでいたのが意外だった。
Man Of Constant Sorrow、Little Maggie、Pretty Pollyなど有名曲をたくさん演奏。独唱のO Deathで観客が大盛り上がりだったので、映画効果は絶大だなと改めて思った。
1曲サービスで御大自らクロウハンマーバンジョーも披露したがこれは宴会の余興レベル。

P6158072.jpg
ライブ前にはミート&グリートに登場し、色々な質問に答えていた。
最初に手に取った楽器がバンジョーで、主に影響を受けたのはCarter FamilyとBill Monroeだそう。
隣の太ったエルビスみたいなのは孫のNathan Stanley。

IMG_0727.jpg
サインももらえてとても嬉しい。
posted by afroblues at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | Live | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/400099743

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。